治療について

仕事を続けながら治療をすることはできますか?

現在、関節リウマチの治療は入院ではなく通院が基本的ですので、仕事を続けることは可能です。実際に働きながら治療を続けている方は多くいらっしゃいます。
ただし、症状が進行して関節炎がひどくなると仕事を休まざるを得なくなったり、合併症を生じると手術が必要になったりします。手術となると入院が必要となることもあります。そのようなことにならないためには、早期に適切な治療を受けることが大切です。
関節リウマチの治療には定期的な通院が必要となります。あらかじめ職場で病気と治療への理解が得られるとよいと思われます。
また、職種によっては、1日中同じ姿勢で作業をしなくてはならないなど、ひとつの関節を酷使するものがあります。そのような場合は、会社側と相談して、部署異動や働き方を変更できるように考えてください。

2018年9月更新