治療について

リハビリで関節の可動域を元通りにすることはできますか?

関節がまだ破壊されていない場合でも、動かさないでいると関節の可動域は狭くなります。その段階であれば、適切なリハビリにより、可動域を回復することができます。当サイトのリウマチ体操は関節の可動域を維持する目的でプログラムされていますので、ご参考ください。
しかし、関節が壊れた結果として固まってしまった関節は、リハビリでも 元に戻りません。関節を人工関節に取り換えたり、腱を繋ぐ手術をする必要があります。

2018年9月更新